川崎市高津区の柏木静子ピアノ教室は溝の口、武蔵小杉、登戸、自由が丘、二子玉川からのアクセスも便利です

ピアノ初心者が早くピアノを弾けるようになる3つのポイント


ピアノになれていない方にしてみると楽譜を見ること自体に抵抗を感じてしまうかもしれません。ピアノを弾くためには楽譜が読めなくてはいけません。

ですが最初の楽譜を読むということに苦手意識を感じ、中々前に進めない方もいると思います。

①音を楽しむ

何の楽器にも楽譜があります。まずは楽譜を読むことが楽器を演奏する第一歩になります。しかし楽譜に苦手意識を感じているうちは演奏なんて二の次になってしまいます。

しかし、ピアノはとても優しい楽器です。バイオリン、トランペット、サックスなどと違い鍵盤を押すだけで音が出ます。まずは音を出すことで、ピアノの音を楽しむことからはじめましょう。

②片手ずつ真似る

楽譜を読めることは基本となりますが『楽譜は読めないがピアノは弾ける』
短くて、自分の好きなテンポ、メロディーの曲から覚えてみる!というのがいいと思います。

市販のキーボードには様々な曲がドラム、ベースなどリズムを刻む音と一緒に収録されていることがあります。youtubeには練習用の曲を公開している人もいます。まずは曲に合わせ真似ることから行ってみましょう。

どんなことでも同じですが、楽しみながら行うことが一番の上達になります。単調な曲に合わせて弾いていると飽きてしまいがちですが、ベース、ドラムなどの音が入っている曲を選ぶことで、まるで自分が演奏しているような気持ちになれます。

続けるには楽しむことが一番大切です。

③自分の曲を聴いてみる

ピアノを演奏している自分の曲を録音し、聴いてみてください。自分の曲を聴いてみると

・一つ一つの音の強弱がバラバラ
・リズムがバラバラ
・間違えて別の音を弾いていた

客観的に聴いてみることで自分の苦手なポイントを認識することができます。聴くということはピアノ上達にはとても有効です。

 


©2015 柏木静子ピアノ教室