川崎市高津区の柏木静子ピアノ教室は溝の口、武蔵小杉、登戸、自由が丘、二子玉川からのアクセスも便利です
逗子市久木のピアノ教室 逗子・鎌倉・戸塚・大船からのアクセスも便利です

#ピアノ教室の出来事  ♯ショパン特別講座


研修後の食事会 ザ・ペニンシュラ東京にて

 

 

集合写真をそれぞれの携帯に個々のボタンをこうやるんだよって

本当に気さくで丁寧な紳士です❣

「まぁ きれい!」写真撮影中の美香先生

昨日は日比谷皇居が目の前という絶景の

会場で美香先生と一緒に

研修に参加しました。

 

次のショパンコンクールの審査員であり

ポーランド屈指の国立音楽大学ショパン大学の教授でもあり

現在ポーランドピアニストとしても第1人者でいらっしゃる

Krzysztof Jabonski クシシュトフ・ヤヴウォンスキ

先生の特別講座

ショパンエチュードを弾くためにスケールとアルペジオ~

ヴィルトゥオーゾテクニックを確立するために

スケールとアルペジオの練習をどのように効果的に確立していくのか」

 

とても長いタイトルですが

要するに

→ピアノを習い始めの頃から

美しい、きちんとした手つきで

スケールとアルペジオの練習をしていく

ことでショパンエチュードも

弾けるようなテクニックを身につけられる

その効果的な指導法と練習の仕方

といった内容でしょうか

 

そしてこの「ヴィルトゥオーゾ」

とは 感性 表現 テクニック

といった意味もありますので

まさしく

感性を揺さぶられちゃった訳です

 

私にとってはチェルニー40番50番を終えて

モシェコフスキ―からショパンエチュードへ

移っていく生徒達

中学生前後のレッスンのためには欠かせない

という思いで参加した研修です

 

終わってみれば

スケールとアルペジオの演奏だけでも

こんなに人を興奮させて

エネルギッシュになれるんだ!という

ヤヴウォンスキ先生の

素晴らしい❣

圧倒的な❣

豊かな音量と

そのテクニックに

大興奮の私でした❣

 

う~!!!

自分も弾きたい❣

もっと上手になりたい!

という思いを湧き起こさせるような

そんなスケールとアルべジオの音色でした!

 

昨年にも増して素晴らしい内容でした

そしてもっと素敵なのは

そのお人柄です

研修後の食事会でも

集合写真のデータを

こうやって移すんだよー・・・・

日本語全然わからないのに

アップルの携帯を持って取り囲んだ

私達一人一人の携帯を触ってデーター

を共有してくださる

方法を教えて下さり

女性に優しい❣

まさに紳士❣

なのです

 

参加した美香先生と私ですが

それぞれに

この学びを自分自身の中に消化して

そして今日からのレッスンに

生かしていける事と思います

月曜日のレッスンをお休みさせて頂き

ご協力ありがとうございました

素晴らしい研修を受けることができました

そして

ポーランド親善大使でもあり

教室の生徒のコンクールレッスンもご指導頂いている

出口比呂子先生にも

心より感謝申し上げます<m(__)m>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


©2015 柏木静子ピアノ教室