川崎市高津区の柏木静子ピアノ教室は溝の口、武蔵小杉、登戸、自由が丘、二子玉川からのアクセスも便利です
逗子市久木のピアノ教室 逗子・鎌倉・戸塚・大船からのアクセスも便利です

#6か月足らずでプリマーA、Bを終了した幼児さんのこと


はじめてピアノを習い始めて

わずか半年で

両手でインディアンが弾けるようになった

Rちゃんのお話です

 

本日で年長のRちゃんがレッスン終了となりました♫

昨年の8月のある日、

お母様からお問い合わせがありました。

「幼稚園の年長です

引っ越しをするわずかの間ですが

ピアノを教えて頂けますでしょうか?」

 

もちろん

わずかの時間でも

何かのお役に立てればと思い

快諾しました。

 

・・・とはいえ、

半年足らずの間に

何ができるか・・

どの様に進めていくかバスティンで良いのか

もっとわかりやすい

のんびり進める他の教本にしようか

色々試行錯誤しましたが

最初の出会いで

その心配はなくなりました

 

・まっすぐに目線をそらさずに私の顔をしっかりと見て話す

・そして私の話に耳を傾けて聞こうとする様子

・物おじせずに質問をたくさんしてくる積極性

 

そんな様子を見て

迷わず

バスティン・幼児のためのプリマーで

やっていこうと思いました。

 

ドレミの音符がCポジションだけでも読めるようになれば・・

Aまで1冊おわれば十分と思っていましたが

結果としてはA、Bまで進むことができました❣

 

Cポジションと

Gポジションまで進み

さらに追加で

フラッシュカードも#と♭まで

進むことができました。

親子でもり沢山の内容を学ばれました!

 

幼児さんのピアノレッスンは

一緒に来ていただく

ご家族の協力は

本当に大きいとつくづく思います

 

ピアノの理論

知識の点では

聡明なお母様で

初回からきっちりと

宿題や課題を

沢山こなしてきて頂きました。

 

きっと、それがないと

理論が先に進まなかったので

お母様の力は

本当に大きかったです❣

ありがとうございましたm(__)m

 

次に

奏法についてですが

本当につい最近

私が体調を崩してオンラインで

レッスンをしていて

はじめて

気がついたのですが

ご家庭にあったピアノは

電子ピアノでもなく

キーボードでした。

ちょっと指で押せば

すぐに音の出てしまう状態です

 

ですが

私は最後まで

手の使い方

自分の弾く音に耳を傾けること

脱力については

伝え続けました

 

この先

どの様な先生と巡り合うかわかりませんが

ピアノの習い始めの

一番大切なポイント

・手の使い方→脱力と色々な関節を外に曲げて弾くピアノの奏法

・沢山の脳を使って

一度に多くの能力を使うバスティンメソッド

・自分の聞く音に耳を傾ける聴力などは

先生のご方針で

どんな教本に変わっても

きっと役に立つと思います

もちろん

一番大切なのは

上達を楽しんでいただくことですが。

 

 

今日は

最後のレッスンでしたが

導入のお子さんには

一番難しい

スタカートに苦労しつつ

でもグランドピアノのふたを開けて

一人コンサートで

インディアンの曲を

弾きました♫

1回目のレッスンです

(実は本人はこれが弾きたくて

ずっと練習していたようですが)

もう数回レッスンしたら

きっと上手になると思います

 

 

 

一つお話しすると

10個は話題がふくらみ

質問やお話がたくさん

返ってくるような

とても積極的で

楽しいレッスンだったので

きっとここまで進んだのでしょう

私も

1回ごとの上達ぶりを

本当に楽しみに

レッスンの準備をして

過ごさせていただきました❣

 

できれば

この先もぜひ‼

お引越しが落ち着いたら

ピアノを続けて

そして

 

たくさんの音楽に触れて

ピアノも楽しんで習って頂き

もっともっと

素敵なお嬢さんに成長してくれることを

願うばかりです。

 

 

そして

これから

始めて習おうとしているしている

皆様‼

どうぞ半年でも

十分にピアノは上達しますので

ご安心して

お声をかけてくださいませ

Rちゃんのピアノは

インスタグラム shizukokashiwagi

数十秒ですが公開しております

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


©2015 柏木静子ピアノ教室